損失の回復に焦点を当てた攻略法

ベット術を覚えてオンラインカジノでも利益を狙いたいと考えているのであれば、まず覚えるべきはマーチンゲール法です。
なぜなら、マーチンゲール法は様々なベット術に於ける基本的な考え方となっています。

ベット術は多々ありますが、マーチンゲール法を元に改良されたものも多々ありますので、裏を返せばマーチンゲール法を理解することで、様々なベット術を理解できるともいえます。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは、主に2分の1の勝率のギャンブルで用いられるものです。
バカラのような当たりはずれの二択のゲームで活用することが想定されているもので、負けてしまった際、負けた額を加算してベットしていくものです。

1ドル賭けて負けてしまったら次はその分を足して2ドル賭ける。
それでも負けたら次は負けた2ドルを加算する。
勝利を手にするまでこれを続ける至ってシンプルなベット術ですが、加算し続けることで、勝利したその瞬間にそれまでの敗北を帳消しにできるベット術として知られています。

そのため、マーチンゲール法を覚えておくことで、敗北のダメージを最小限に抑えることもできます。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法は、一度の勝利でそれまでの敗北分を回収できるベット術です。
二択、つまり勝率50%のゲームであれば、同じ方に賭け続けていればいずれは当たります。
そのため、マーチンゲール法はダメージを最小限に食い止めることができる一方で、マーチンゲール法はあくまでも「回収術」であって、大きな勝利を狙うものではないとの声もあります。

確かに数式を当てはめると、一度の勝利で負けていた分を回収できます。
裏を返せば、なかなか勝利に恵まれない時には利益にはなっておらず、あくまでも「収支ゼロ」です。
オンラインカジノは高配当で知られていますので、「負けを回収する手法」ではなく、大きな勝利を狙える手法を知りたいという人もいるかもしれません。
そのようなユーザーにとっては、マーチンゲール法は「そこまで魅力的ではない」ベット術に映るかもしれません。

使い分けることが大切

マーチンゲール法は、負けを回収する手法としてまさに「完成されたベット術」です。
大きな利益を狙うための手法ではありませんが、負けを回収する手法を覚えておくことで、他の利益を狙うための手法との使い分けも可能になります。

例えば大きな利益を狙えるベット術としてはパーレイ法が有名ですが、パーレイ法と上手く使い分けることも可能です。
勝利を手にして勢いに乗っている時にはパーレイ法でより大きな利益を狙い、負けが込んできたなと思ったらマーチンゲール法にする。
このように、臨機応変にベット術を駆使することで、被害を最小限に抑えると共に、大きな利益を狙えるようになります。

オンラインカジノの特徴として、楽しみ方・取り組み方は自由です。
オンラインカジノ側からあれこれ言われるようなことはありません。
最低限のルールを守りながら、自分の好きな形で楽しめる点もオンラインカジノの魅力の一つになりますので、マーチンゲール法に固執するのではなく、ベット術の一つとしてオンラインカジノで勝利を目指してみると良いでしょう。

オンラインカジノで大切なことは、マーチンゲール法を使うことではなく、利益を得ることなはずです。

マーチンゲール法をベースにしたベット術が多い理由

冒頭でもお伝えしたように、マーチンゲール法を基本とするベット術はとても多いです。
例えば先に名前が挙がったパーレイ法は、マーチンゲール法の逆です。
「逆マーチンゲール法」とも呼ばれていることで知られていますが、負けたら倍ベットしていくマーチンゲール法に対し、勝ったら倍ベットしていくのがパーレイ法です。

ココモ法もいわばマーチンゲール法の応用と言えるでしょう。
負けた場合、直近2回のベット額の合計でベットするという手法は、マーチンゲール法に相通ずる部分があるのではないでしょうか。
このように、マーチンゲール法を覚えることで、実際にオンラインカジノの中で活用するかしないかは別として、他のベット術にも取り組みやすくなります。

マーチンゲール法を覚えていない中で他のベット術を見てもなかなか分からない部分もあるかと思います。
しかしながら、マーチンゲール法を覚えておけば、どのようなベット術なのかある程度把握できますので、活用する・しないを抜きにしてもマーチンゲール法を覚えておいて損はありません。

まとめ

ベット術としてはもちろんですが、多くのベット術の基本的な考え方ともなっていることから、マーチンゲール法は覚えておいて損のないベット術です。
マーチンゲール法を覚えることで見えてくることも多々ありますし、負けているなと思ったらマーチンゲール法を駆使して負けた分を回収することもできますので、「とりあえず」覚えておくと良いでしょう。
一つ覚えることで、様々な視点が備わるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です